• ホーム
  • 前立腺肥大症の治療について

前立腺肥大症の治療について

薬を口に入れる男性

前立腺は膀胱の下にある栗の実ほどの大きさの男性のみが持つ器官で、なかを尿道が通っています。
この前立腺が加齢とともに肥大してくるのが前立腺肥大症で、現在では50歳以上の男性の二割以上が罹患していると言われています。
この前立腺の肥大によって尿道や膀胱が圧迫されるため、頻尿や夜間頻尿、排尿遅延、残尿感、尿勢の低下など、様々な排尿障害が引き起こされます。
症状があっても日常生活に不便が生じていなければ治療は不要ですが、治療を行う場合はまず薬物療法を行います。
前立腺肥大が排尿障害を引き起こすのは、一つは前立腺が収縮して尿道を圧迫するためで、またもう一つは大きくなった前立腺が物理的に尿道を圧迫し、通りを悪くするためです。

前立腺肥大症治療薬には、この二つそれぞれに効果がある二種類の薬があります。
前者に対応する前立腺肥大症治療薬が、α1遮断薬と言われるものです。
これは前立腺平滑筋にある交感神経受容体を遮断することでこの筋肉をゆるめ、尿道の圧迫を解消して尿を通りやすくするというものです。

後者に対応するのが5α還元酵素阻害薬や抗アンドロゲン薬などの前立腺を縮小させる薬です。
前立腺の肥大には男性ホルモンが関与していますが、このタイプの前立腺肥大症治療薬ではこの男性ホルモンの前立腺に対する作用を抑えるようにはたらき、前立腺を縮小させるのです。
前立腺肥大症治療薬の効果は症状が軽いうちほど高いですが、それでも症状が悪化したまま十分な改善が得られない場合や、尿路感染や膀胱結石、腎機能障害が発生した場合は手術による治療が行われます。
高温度治療やレーザー光線治療、電気メス治療などであれば日帰りでの手術も可能です。