前立腺肥大症の原因

考えている男性

泌尿器系の疾患は、男女ともに年齢を重ねるに従い増加する傾向にあります。
特に男性は前立腺疾患による排尿障害にかかるリスクが高くなります。
前立腺は精液を作る臓器で、加齢とともに大きくなり、前立腺肥大症と呼ばれています。
50歳代以降の男性には珍しいことではなく、前立腺肥大症が排尿障害を必ず伴うわけではありません。
統計では前立腺肥大症を持つ50歳以上の男性の2割程度というデータが出ています。
はっきりとした原因は解明されていませんが、男性ホルモンの働きが関与しているのではないかと指摘されています。

前立腺肥大症により引き起こされる排尿障害の症状としては、頻尿、夜間頻尿、排尿遅延、残尿感、尿勢低下等があり、更に排尿痛の症状を伴う場合もあります。
前立腺肥大症の治療は、症状が重い場合は別として、第一選択として前立腺肥大症治療薬を使用した内科的治療が実施されます。
医療機関で処方される前立腺肥大症治療薬、は、大きく分けて、α1受容体遮断薬、抗男性ホルモン薬、漢方薬がありますが、いずれも肥大した前立腺を縮小させる効果があるわけではなく、医師の処方に従い前立腺肥大症治療薬を服用し続ける必要があります。

同時に前立腺症状に悪影響のある、長時間の冷所での作業、長時間の水泳、椅子に長く座る、短時間での大量の飲水、アルコールの過剰摂取等は前立腺だけではなく膀胱や尿道への刺激を繰り返す事となり、折角の前立腺治療薬の効果も期待できなくなります。
前立腺の病気は、普段の生活や食事、そして運動などと密接に関係しています。
医師の治療や処方のみに頼ることなく、排尿障害を悪化させないための生活を自ら工夫し、実践し行くことが必要です。