笑顔の夫婦

前立腺の大きさは加齢によって増大します。
50歳から60歳代では50%、80歳代では90%の増大が見られます。
そのため、排尿しても尿がまだ残っているような感覚(残尿感)があったり、何度もトイレに行く頻尿となったり、夜間に頻尿になったり、排尿困難や尿線途絶など様々な排尿トラブルに悩まされます。

前立腺肥大の治療は、まずは薬物療法です。
前立腺肥大症治療薬にはいろいろなものがありますが、第一選択薬は前立腺や膀胱の平滑筋の収縮を抑制する、α1受容体拮抗薬が使われます。
タムスロシン、ナフトビジル、シロドシンが該当します。
抗アンドロゲン薬は前立腺容量を縮小させますが、即効性が乏しいと言われています。
以前は前立腺肥大症治療薬として、ステロイド性抗アンドロゲン薬が主に使用されていましたが、2009年に5α還元酵素阻害薬である、デュタステリド(商品名アボルブ)が日本で許可が下りました。
それ以降、前立腺肥大症治療薬としてはデュタステリドが広く使用されています。

この薬は、前立腺肥大症が活性の高いアンドロゲンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が関与していることから、5α還元酵素を阻害して、DHTへの変換を抑制し、前立腺を縮小させます。
投与後約2週間で、血中ジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が速やかに低下します。
それと同時に残尿感や頻尿、排尿困難などのつらかった症状も消失していきます。
夜中に何度もトイレに起きるためゆっくりと眠れず、慢性的な睡眠不足でいつもしんどそうにされていた患者さんが、「朝までぐっすりと眠れるようになりました」と、晴れ晴れとした明るい笑顔で診察室に入って来られます。
アボルブは、肝臓障害のある人には使用が難しく、飲み合わせの悪い抗生剤もいくつかあります。
また、前立腺癌がないことを確かめた上で服用しなければなりません。
必ず医師の指導の下で用量用法を守って、服用しましょう。
前立腺肥大の治療にはED治療薬の服用も多く、医師の指導の下で処方されるケースも多いです。ED治療薬には手ごろな価格のジェネリック医薬品もあります。前立腺肥大の治療に服用出来る、ED治療薬が手に入る病院も数多くありますので、問い合わせしてみるのも良いでしょう。

記事一覧
男性機能改善のサプリメントと成人男性用のED治療薬 2020年06月13日

ペニスが以前ほど逞しく勃起しなくなった、女性とセックスしても満足感が得づらくなった、自慰は可能だかリアルなセックスになると勃起力が不安定になる、こういった悩みの本質は男性機能の低下にあります。男性機能は年を重ねる度に緩やかに衰退していきます。しかし、ストレスや疲労がそこに加わる事で、実際の年齢以上に...

加齢による排尿障害とは 2020年04月03日

高齢の男性には、尿が出にくい、夜トイレに行く回数が多くなる、残尿感があるなどの排尿障害がよく見られます。これは加齢によって起きる疾患である前立腺肥大症が関連しています。前立腺は膀胱の付近にある器官で生殖に関係しているのですが、年を取ると肥大して膀胱や尿道を圧迫し、結果として尿が出にくくなるのです。症...

精子の数による男性機能障害の種類について 2020年05月15日

性行為を行っているにも関わらず、パートナーの女性に妊娠が長期間見られない場合には、原因の一つとして男性不妊を疑うことも必要となってきます。男性不妊には先天性と後天性のものがあり、後天性の場合はストレス、飲酒などの要因を排除することで改善が見られる時がありますが、先天性の場合には治療や診断が必要であり...

男性機能を回復させるザゴールドとブロック注射 2020年04月20日

加齢とともに誰でも男性機能は少しずつ衰えていくものですが、男性ホルモンが十分に働いていれば、60代や70代になっても元気を保つことができます。現在では勃起障害を治療する薬も認可され、医療機関で処方を受けることができます。しかし薬には副作用が付き物であり、体調によっては服用できない場合もあります。そこ...

排尿障害の症状とは 2020年03月09日

尿がもれる、尿が出る回数が多い、尿が出る時に痛みを感じる、このような状態を排尿障害といいます。原因として前立腺肥大症や神経因性膀胱が考えられます。また膀胱や尿道に結石ができていることもあります。尿道が圧迫されると尿の勢いが悪くなります。またうまく尿を出し切ることができないので頻尿になることもあります...

前立腺肥大症の原因 2020年02月23日

泌尿器系の疾患は、男女ともに年齢を重ねるに従い増加する傾向にあります。特に男性は前立腺疾患による排尿障害にかかるリスクが高くなります。前立腺は精液を作る臓器で、加齢とともに大きくなり、前立腺肥大症と呼ばれています。50歳代以降の男性には珍しいことではなく、前立腺肥大症が排尿障害を必ず伴うわけではあり...

前立腺肥大症の治療について 2020年02月11日

前立腺は膀胱の下にある栗の実ほどの大きさの男性のみが持つ器官で、なかを尿道が通っています。この前立腺が加齢とともに肥大してくるのが前立腺肥大症で、現在では50歳以上の男性の二割以上が罹患していると言われています。この前立腺の肥大によって尿道や膀胱が圧迫されるため、頻尿や夜間頻尿、排尿遅延、残尿感、尿...